表現の違い

 私は、時々海外のシャチサイトを閲覧しています。

 そこで、名古屋港のシャチたちの話題も載っていますので、興味深く見ていますが、意に

そぐわない表記もあります。

 下の文は一例として載せておきます。

  

 まず9月に負傷したステラについては、「深さ12mのプールで、船のスクリューと接触して

ケガをした」と載っています。

 深さ12mのメーンプールにステラたちを泳がしたことは、今までに一度もなく、契約上シャ

13プールしか使うことができせん。

 同館には、ゴム製のボートとシーカヤックしか所有しておらず、スクリューの付いた船は一

隻も所有していません。

 ケガの原因は、ステラとビンゴの夫婦喧嘩しか分かっておりません。

 

 

  

 ナミは妊娠7ヶ月だった…。

 20数年間オスのシャチを見たことも接触したことがないのに…。

 どこからこんなデタラメな情報が出てくるのか?こちらが訊きたい。

  

  

 Nagoyaなのに「Nago」とか「Nagowa」と表記されている。

 名古屋市民として屈辱的な表現で、たとえミスタイピングだったとしても腹が立つ!

 「Nago」を和訳すると沖縄県の「名護」となり、鴨川シーワールドも同様で、Kamoなってい

るケースが多くて訳すと「加茂」になります。

  

  

 

 これらが載ったサイトを見ると、面白い反面、怒りがこみ上げてきます。