シャチ講演会2

 昨日、港文化小劇場にて同劇場の企画 わくわくキッ

シリーズ「シャチざんまい」が行なわれました。

 第1部はシャチのお話・質問コーナーで「海の王者シャチ

」あんな話こんな話として、名古屋港水族館 飼育展示第

三課飼育係 福本洋平さんが講演されました。

 参加した子供たちを舞台に上げて、シャチ型のシートを

広げたり、クイズ方式での問答をしたりして、あっという間

1時間でした。

  

 15分の休憩の後、第2部 NHKスペシャル「大海原の決

闘! クジラ対シャチ」の上映でしたが、見ることなく退席して玄関ロビーへ。

 そこには、先ほどまで講演なさっていた福本氏がおられ、

も含めて常連数名で取り囲んで、雑談に興じました。た、そ

こにはシャチ関係の資料が展示されていて、自由見たり触

ったりすることができました。

  

 

 ビンゴのエサバケツには、見本としてサバとホッケが一匹ず

つと、一回あたりの重さに相当する水タンクが入っていました。

 トレーニング毎には、さらに氷専用のバケツも持つので飼育

員は大変だなと感じましたね。

 保存瓶には、リンのヒゲが1本入っていました。

 他の5本は自然に抜けたらしく、この1本はある飼育員が触っていたら、リンが動いてしまい、その拍子で「スポッ」と抜けた偶然の産物です。

 ヒゲは2センチほどの長さで、1/3ほど表面に出ていて、このように採取できたのは珍しいそうです。

 そして、標本瓶に入ったリンが

脱皮した表皮。

 

 【解説】

 201327日に回収

 

 Oo-003

リンの個体番号Orcinus Orca

略で、3番目の飼育個体を意味

します

 

 シャチ3底より回収)

シャチ3プール(医療プール)の

底より採

 

                                         仔皮…仔の皮膚

 

 今回はシャチの講演会でしたが、次回はバンドウイルカや

ベルーガの講演会もやっていただきたいですね。