三たび、くじらの博物館へ#3(マリナリュウム編)

 マダライルカ
 マダライルカ
 スジイルカ
 スジイルカ

 敷地の奥にある水族館「マリナリュウム」。

 ここには、今年1月に捕獲されたアルビノ(先天性色素欠乏症)のバンドウイルカの他に、マダ

ライルカとスジイルカが飼育されています。

 アルビノの仔は、当初ショープール横の予備プールにて飼育されていましたが、その後紫外

線に弱いことが判明し、屋根のあるマリナリュウムの水槽に移されました。

 全身淡いピンク色で目は赤。傷痕も見られましたが、その部分は少し濃いピンク色でした。また、噴気孔から後ろは薄い灰色になっていました。

 

 アルビノは、スジイルカの仔と一緒に速く泳ぐことが多く、撮影は難しかったです。後日、名古

屋港水族館のイルカ飼育員に訊いたら、「スジイルカは泳ぐのが速いので、同調するのだろう」

とおっしゃっていました。

                名古屋港水族館で、いつもやっているように呼び寄せてみました→
                名古屋港水族館で、いつもやっているように呼び寄せてみました→

 タグ: くじらの博物館、白いバンドウイルカ、マダライルカ、スジイルカ

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    梅ちゃん (金曜日, 16 5月 2014 22:00)

    アルビノの仔、本当に白いですね。
    確かに紫外線には弱そうです。屋根つきの水槽に移されて良かった!
    元気に過ごしてほしいものです。

    スジイルカも、マダライルカも、とっても美しいですよね・・・
    施設の古さは否めませんが、この博物館は本当に鯨類好きな人には、たまらないと思います。
    今度いつ行けるかな~?
    がゆうさんは、まだ年パス持ちなんですか?(きっとそうですよね)

  • #2

    ウィリー (金曜日, 16 5月 2014 22:53)

    そういえばこの水槽、ハルカがいたところでしたっけ?まだハルカがいたとき、生体保護のため撮影禁止だって聞いて驚いた記憶があります。

    アルビノは、まだ見たことがありません!

    大分遠い水族館(博物館?笑っ)ですが、いつかいきたいと思います。

  • #3

    guyoo (金曜日, 16 5月 2014 23:59)

    (・~・)梅ちゃんさん
     アルビノの仔に限らず、人間にも紫外線は大敵ですよね。
     常連の一部の方は、すでに日焼け止めを使っていますよ。
     
     マダライルカは、以前ショープール横のプールにいたような気が
    します。マリナリュウムに移されてから全身が見られるようになり
    ました。
     
     ここの年パスは持っていません。

  • #4

    guyoo (土曜日, 17 5月 2014 00:07)

    (・~・)ウィリーさん
     おっしゃるとおり、以前ここの水槽には「腹びれイルカのハルカ」
    が飼育されていました。
     ハルカがいた当時は写真撮影禁止でした。今は「ガラスに手を触れ
    ないでください」と、注意書きがしてあり写真撮影はOKです。
     
     一度は、行く価値がある博物館ですね。