出産準備

 昨日より、バンドウイルカ「ゼロ」の出産に伴い、準備が着々と行なわれています。

  

 左写真は、2階のイルカ1プール観覧面で、昨年アンの出産と同じように可動壁が引き出され、天幕も設営されました。観測ブースも囲いが施され、外部と遮断されました。

  

 上写真は、3階のイルカ1プール観覧面で、いつものカラーコーンとバーに代わって、工事現場などで使われている柵が設置されました。


 当のゼロはと云うと、飼育員の忙しさを横目で見たり、水面に浮かんだりして我関せずの状況でしたね。

 コミュファライブカメラの「イルカプール」も昨日から上写真のような画面になり、見られなくなりました。


 

 そして、今夕さらに動きがありました。

 友人からのEメールにて、「ピースがベルーガプールに移動した」と送られてきました。

 今日の正午前にオスのバンドウイルカ「ピース」が飼育されているイルカ3プールのプールサ

イドにて、飼育員2名が輸送用の担架を作っていました。

 その担架でピースをベルーガプールに移した後、空いたイルカ3プールにアン・ユウ親子を、

または単独でユウだけを入れて、アンを乳母役としてイルカ1プールに残すか、そのまま空け

ておいて非常事態が生じた場合に使えるように、ゼロの出産に備えるのだろうと推測しました。

  

 出産のカウントダウンは始まりました。今は、無事に産まれてくれることを祈るだけです。