グダグダ

 昨日、午後1時からのイルカパフォーマンス、それはオープニングから始まりました。

 客席側のステージ(サブステージ)に上がる「ランディング」にて、「ウィニー」は拒否して、

通常4頭のところ結局3頭(ネオ、エール、ココ)だけランディングしました。

そして、水中パフォーマンスのオープニングで飼育員がプールに入り、イルカの背びれに

捕まりサブステージに行く演目では「ビビ」も拒否。この後スプラッシュがあるので、飼育員

はプールから出てプールサイドを走ってサブステージまで行きましたね。

 ♀“Joy”
 ♀“Joy”

 負の連鎖はさらに続き、1回目のフリスビーキャ

ッチで、ジョイの吻先で弾いたフリスビーがウィニー

の近くまで飛び、ジョイは取りに行くのを断念して

サブステージに戻り、予備のフリスビーで2回目の

フリスビーキャッチを成功させました。

 1回目で使ったフリスビーは、ウィニーが取りに行

き一度飼育員の元にもどったものの、口を開けず

飼育員に渡さずウィニーのおもちゃとなり、その後

パフォーマンスそっちのけでそれを咥えて遊び始めました。ですからハイジャンプ(ボール

タッチ)は中止、連続ジャンプは6頭で飛ばすハメになりました。

♀“Lulu(front)” and ♀“Winnie”
♀“Lulu(front)” and ♀“Winnie”

  パフォーマンス終了後、「水中で泡のリングを作り、くぐって上がるやつ(ベリーライド)はや

らなかったね。それを楽しみに見に来たのに…」と云うお客さんの声を聞きました。確かにこ

こ1・2週間、ベリーライドをやることは少なかったです。

  それまでベリーライドをやっていた「セナ」の離脱、ジョイはリングが出来たりできなかったり

して、バックアップも手薄な体制でしたね。

  どんな理由があるのか分かりませんけど、一昨日まで水中パフォーマンスを延長したのだ

から、最終日まで全うして欲しかったですね。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    梅ちゃん (金曜日, 03 10月 2014 22:46)

    アハハハハハハ!!!(爆)

    イルカパフォをしょっちゅう見る常連組としては、こういうのは話のタネとして面白がってしまうんですけど…
    その日の一期一会、一回こっきりしか見れないお客さんだって、いっぱいいるんですもんね…
    それを考えると、この内容は(^^;;;;)

    ベリーライドも見せ場だけど、ボールタッチも無しって…それはそれは盛り下がるパフォーマンスだったことでしょうね。

    イルカさんたちの士気も上がるときと、下がるときがあるんだろうな、とは思いますが。

    気になるのはセナさん…まだ離脱中なのですね。
    早く元気になって戻ってきてほしいな~。

  • #2

    guyoo (火曜日, 07 10月 2014 22:30)

    (・~・)梅ちゃんさん
     たまにこういう光景を見た常連は、心の中で「やったー!」と思い
    ますよね。飼育員には悪いけど…。
     
     イルカにも好不調はありますので、音響照明室にいる飼育員は悩ん
    だ挙句に、演技中止はやむを得ない判断をしたと考えますね。

     セナは鳴き声はするけど、姿はブルーシートに隠れて見えず。
     ホント早くなって欲しいです。
      

  • #3

    狸吉 (月曜日, 13 10月 2014 00:58)

    11日に名港に行きました。
    イルカ3プールを見ると、ブルーシートの隙間から、セナとピースらしい顔がわずかに覗けました。
    浮きを引っ張って遊んでいる様子でした。退屈なのでしょうね。
    セナには早く元気になって、ウィニー&エールとの3頭そろったボールタッチをまた見せて欲しいです。

  • #4

    guyoo (月曜日, 13 10月 2014 21:12)

    (・~・)狸吉さん
     おひさしぶりです。
     給餌トレーニングの際、ピースは確認できるものの、位置的な問題も
    あってセナの顔はなかなか見られないですね。
     
     ボールタッチ(ハイジャンプ)で、真ん中のボールが下がっていないと
    淋しいです。完治するまでゆっくりと養生して欲しいです。