衣替え

 昨日、中日新聞朝刊市民版にベルーガの脱皮につい

の記事が載っていました。

 ベルーガ一斉“衣替え”

 

 

 昨年春、照明を増やし明度が増したので、5頭が一斉

に岩に体を擦り付けて古い皮膚を剥がしたそうです。

←ホドイの目の周り黄色い部分は、まだ古い皮膚ですね。

  タアニャはすでに新しい皮膚に変わっていました。


  胃カメラを呑み込む訓練で、代わりのホースを呑み込むグレイ。

  ミライ(手前)とナナ。こちらもきれいな皮膚になっていました。


コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    梅ちゃん (日曜日, 07 6月 2015 22:55)

    ホドイのしわしわの皮膚を見て「病気?」って心配しているお客さんが居ました(笑)
    同じ反応が、換羽期のペンギン水槽前でも見られますが(笑)
    知らないとびっくりしますよね~。
    でも照明のおかげで、体内時計が本来の形に戻ったのかも…っていう仮説?が面白いですね。

  • #2

    guyoo (月曜日, 08 6月 2015 00:43)

    (・~・)梅ちゃんさん
     その状態であれば、お客さんは何事?って心配しますよね。
     我々は知ってるので、教えたいという気持ちはありますけど、迂闊に云うと怪訝
    んな顔をされるのであえて言いませんね。
     
     照明が変わったので、撮影もしやすくなりましたよ。